当ブログは、2chや動画紹介など、面白い情報を配信するブログです。リンクフリーです。 ブログデザインやレイアウト等、表示がおかしい方は、ご使用中のブラウザをご記入の上、ご連絡頂ければ幸いです。

1 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:02:14.18 ID:CAP_USER.net
日本政府がナチスドイツの独裁者アドルフ・ヒットラーの著書「我が闘争」を学校教材に使うことができると決定した。

時事通信などは去る15日、日本が前日の閣議(閣僚会議)で教育基本法の趣旨により校長と学校設立者の責任と判断により使用可能という内容の答弁書を作成したと明らかにした。
これは野党・民進党の宮崎岳志議員の質問に対する政府の立場を問う返事の形で作成された。

答弁書は「本の一部を引用して教材として使用、執筆当時の歴史的背景を考える授業の事例がある」とし、このように明らかにした。

ただし答弁書は条件を明確にした。
人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、そうした指導があれば管轄庁や設立者が厳正に対処しなければならないと強調した。

このような条件でも全体主義的思想に対する幻想や自民族中心主義が無批判に理解されて行われるという不安と疑問は依然として残る。

「我が闘争」はヒットラーが「ミュンヘン反乱」で投獄された時に著述されたもので1925年に出版された。
その後、ナチ政策の根幹になったユダヤ人への憎しみなど人種差別的内容を含んでいる。
ヒットラー執権当時、ナチ党員の必読書だった。

ドイツは2014年、「我が闘争」だけでなく、ヒットラーの著述に対する「無批判的出版」を全面的に許さないことにし、最近は批判的注釈を加えた本がドイツで出版されている。

一方、日本は前日の閣僚会議で銃剣術を学校で教育することを認める、という政府の立場を公式採択した。
日本は先月、中学校学習指導要領に銃剣術を体育の「武道」選択科目に含めたことについて「軍国主義の復活と戦前への回帰の一環という指摘は合わない」という立場を定めた。

これに先立って先月開かれた閣議では軍国主義の象徴である「教育勅語」について「憲法や教育基本法などに違反しない形の教材として使うことを防ぐことはできない」という内容も公式の立場に定めた。

過去、軍国主義時代の時に活用された教育を一つまた一つと導入しながら批判を無力化させ、教育現場を軍国主義化、国粋主義的な色彩に染めようとするという批判が大きくなっている。

東京イ・ソクウ特派員
ソース:ソウル新聞(韓国語) 日本限りない軍国主義化歩み…ヒットラー「私の闘争「教材許可
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170417012010

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.so/news4plus/1492344134/-1000/1


14 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:12:09.18 ID:PbOhbQsu.net(3レス)
我が闘争じゃ日本人はアーリア人より劣ったその他大勢のザコ扱いなんだが


45 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:25:51.12 ID:H4JLZKqz.net(5レス)
>>14 そうだね。
でもそれは、ヒトラーが刑務所に入っている頃書いたもので、
その頃日本人をヒトラーは見たことも無かったんだよ。

でも、日本人を知って驚いた。
真珠湾攻撃成功のときは「やると思った!」と大喜びした。

末期、ヒトラーは逃亡先を提示される。

一つは別荘のベルヒテスガーデン
もう一つが日本
でも、指導者が首都を離れるわけには行かないと固辞。

親総統官邸地下壕で自殺した。



56 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:34:52.93 ID:PbOhbQsu.net(3レス)
>>45
ヒトラーの日本人観には色々説があるんで
我が闘争を書いたミュンヘン一揆直後は所詮東洋の猿とバカにしてたとか
三国同盟組んだ辺りから日本人はアーリア人の支族説を信じたとか
結局は出来の良い猿から評価は上がらなかったとか

ドイツに赴任した日本海軍士官最大の弱点が「金髪碧眼のメイドさん」であると見抜き、上手い事たらしこんで機密情報ひきだしまくったとか


59 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:38:18.87 ID:wCrCVgDv.net(2レス)
>>56
>ドイツに赴任した日本海軍士官最大の弱点が「金髪碧眼のメイドさん」であると見抜き、上手い事たらしこんで機密情報ひきだしまくったとか
俺らのご先祖サマだもんなあ…しゃーねーなあ…


194 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 23:58:47.52 ID:iqBN6zu1.net
>>56
>ドイツに赴任した日本海軍士官最大の弱点が「金髪碧眼のメイドさん」であると見抜き、上手い事たらしこんで機密情報ひきだしまくったとか
…金髪碧眼のメイドさん、しかもドイツ娘…これはもう抗うだけ無駄ですわ…


60 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:38:35.35 ID:z2aHqMQR.net
>>45 李承晩や金日成(ニセモノ)とは大違いだな。
二人とも逃げ足は早かったから。



37 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:23:15.71 ID:rVeRULC2.net(2レス)
我が闘争を読んでもヒトラーが批判の対象になるだけで、ドイツを嫌いになるって事はねーよ


48 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:27:30.10 ID:PbOhbQsu.net(3レス)
>>37
というか、注釈入りまくりで読みづらい
ファルシのルシがコクーンからパージみたく、ミュンヘン一揆の背景とかヒトラーの世界観とかをあらかじめ理解してないとちんぷんかんぷん


81 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:48:06.10 ID:DNrYLLCQ.net
戦後、戦前で事情が違うのに
一度、戦争を経験しての現代なのに
いつまでも時代遅れで取り残されている朝鮮人って・・・


84 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 21:51:42.34 ID:hj5fJpBm.net(4レス)
>>81
冷戦終わって20年以上経つのに、未だに分断国家のままな情けない民族だからしゃーない。



124 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 22:30:53.13 ID:lS4nIypJ.net
詐欺師に騙されない為には詐欺師の手法を知るのが最善策
ヒトラーをポピュリズムで選んだドイツの過ちを繰り返さない為にはヒトラーの手管を知るのが最善策
それも解らず漫然とヒトラーを罵ったところで過ちは何度も繰り返される
だから半島民は真っ当に道を歩めない大頭領を毎度選ぶんだよ


126 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 22:32:42.70 ID:6WLuWIYS.net
>>124
だから「詐欺師」、サヨクや朝鮮人は反対してるんでしょう。



139 : おまとめさんZ :2017/04/16(日) 23:00:56.69 ID:xIii8BXQ.net(7レス)
>>124
朝鮮半島は常に大国の利害によって政治の介入を受けまくってる。

だから真っ当な政治をするのは非常に難しいんだよ。

大国のご機嫌を窺いながらの政治だから一貫性を保つのは難しいからね。

小国の宿命だよ。

今の日本がアメリカのご機嫌取りに終始するしか政治の選択肢が無いのと同じだね
まあ辺野古基地移設反対とかで徐々に風潮は変わりつつあるのかもしれないけど。



192 :おまとめさんZ :2017/04/16(日) 23:57:51.22 ID:X0N+PV6V.net
政治家としてのヒトラーは割りと有能だったかもね(´・ω・`)
独裁者としてはアレだけども


202 :おまとめさんZ :2017/04/17(月) 00:06:39.91 ID:ubBhqDI6.net(2レス)
>>192
そもそも政治と軍事を両方同時にこなすことなんて人類の歴史上、誰もできてないだろ。

ヒトラーは独裁者だったけど軍事に関しては素人だった。

決定権を現場に持たせなかったことが壊滅的な敗北の原因の一つ。



205 : おまとめさんZ :2017/04/17(月) 00:08:43.24 ID:1MWNzaQH.net
>>202
あれほど諫言してくれたロンメルの
言葉にすら耳を傾けなかったのは
統治者としていかがなものだろうか?


209 :おまとめさんZ :2017/04/17(月) 00:13:36.14 ID:zEOSTO94.net(2レス)
>>205
ロンメルは兵站を軽視した無能


208 : おまとめさんZ :2017/04/17(月) 00:13:25.44 ID:U59fwxAu.net(2レス)
>>202
ソビエト侵攻までのドイツの領域はドイツ史上最大だぞ
じゃ、ヒトラー以上の軍事的功績を挙げた政治家っているの?
挙げてみて 

【宝庫】本日のネタ探しはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当ブログで掲載・配信している動画、画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属致します。勿論、権利を侵害する目的では御座いません。掲載について問題がある場合は各権利所有者様本人が直接ご連絡下さい。 その際、削除等の対処をさせて頂きます。又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任にて対処して下さい。